潜水病などの危険が少ないスキンダイビング   

2010年 07月 05日

スキンダイビング(skin diving)と、スキューバダイビングなどの水中呼吸装置を使用せずに、自分の息だけでダイビング(水中遊泳)することである。素潜り(すもぐり)とほぼ同義。 一般的には非常に素潜りは、海人の伝統的な漁業、特になにも装備されていない単純な水中眼鏡程度のみを使用している生身の身体に近い状態で実行して、初期の潜水としての意味が強いのにについては、スキンダイビングは、マスク、シュノーケル、フィンなどの装置を使用して、海洋性レクリエーションやウォータースポーツとしての意味が強いが、この区別は明確に定義することはない。スキンダイビングのうち、より競技性が強いのはフリーダイビングと区別する場合が多い。 同じような用語でシュノーケリング(snorkeling)している。スノーケリングを文字通りに解釈すると、シュノーケルを使用しているので、広い意味では、スキンダイビングもシュノーケリングを含むようになり、そのように解釈されるケースも多いが、基本的に、ダイビングや水面遊泳のみかという観点から、スキンダイビングやシュノーケリングは区別される。 また、スキューバダイビングでも、水面に出れば、シュノーケリングで游泳するので、スキンダイビングは、スキューバダイビングの基礎であり、習得する。 スキンダイビングでの潜水可能な深度呼吸器や循環器、特に疾病、障害のない健康な大人への適切な機器を使用して簡単な技術を習得する場合は水深5m程度まで潜ることは難しいことではない。これ以上の技術的な難易度が高く、身体的な要素を含んで素質もある程度必要だが、十分な訓練の結果として水深20〜30m程度まで潜水する人も珍しくない。しかし、水深30m以上の範囲は、身体的な資質が大幅に要求されると同時に、適切な支援の下で十分な訓練で、しかも非常に大きな危険がある。また、長い時間のダイビングは、体内の活性酸素を増加させ、老化を早めるという説がある。 最大の欠点は、息を自分の息つぎのみに依存点で、このために潜水時間が大幅に制限される。しかし、スキューバダイビングと比較して、潜水病や肺破裂などの危険がない。
[PR]