レジャーダイビングでも違反と事故には注意   

2010年 06月 28日

スクーバダイビングは、空気を詰めたタンクを使用して、ダイビング(潜水)である。スキューバダイビングとも呼ばれる。これに対し、息を我慢している潜水をフリーダイビング、地上からホースで空気を供給する潜水を送気式潜水と呼ばれる。日本は、米国のアクアラング社(Aqua Lung)が紹介して、かつての使命"アクアラング(Aqua - lung)"がスクーバダイビングの意味として使われる場合も多かった。 語源由来スキューバダイビングは、英語Self Contained Underwater Breathing ApparatusのアクロニムであるSCUBAのカナ表記であり、空気などの呼吸ガスを携行する方式の潜水器具(ジャック=イヴ・クストーが発明家の一人として有名)を指す。自給式水中呼吸装置にも翻訳されている。英語のSCUBAは、元の潜水器具を指す名詞が、現在では、この方式の器具を使用して行う潜水活動もスクーバとし、また形容詞的な言語として多く使用されている。 ダイビング、海事工事、水難救助、軍事などの専門的な活動でも実行されますが、一般的にレジャーダイビングを示す場合が多い。 潜水限界アマチュアダイバーの場合は、潜水可能な深度は、最大40メートル程度である。潜水可能時間は最大3時間半(ただし、潜水深度が大きいほど急に)。 潜水深度 水深が大きくなると、緊急時の浮上が難しくなって、窒素酔いや減圧症の危険性も高くなる。したがって、Cカードのライセンスは、技術レベルに応じて、潜水する深さが決定され、違反と事故の際の保険が下がる場合がある。この水深は、保険契約によって異なりますが、ダイバーには約12メートル、オープンウオーターダイバー約18メートル、アドバンスドオープンウオーターダイバー30メートル、スペシャルティ・ダイバー(ディープダイビング・スペシャリティ)は約40メートルである。レクリエーショナルダイビングでは40メートルが限界になる。沖縄 ダイビングの限界は、約100メートルである。
[PR]