安全な洞窟潜水をするために   

2010年 07月 07日

洞窟潜水(どうくつせんすい、Cave Diving)は、専門的な潜水器具は、洞窟(鍾乳洞や溶岩洞窟など)の泉(セノーテや地下水脈など)、地底湖のケイビングやテクニカルダイビング(スクーバダイビング)の一種である。 魅力の水中洞窟は、さまざまな理由でダイバーをはじめ、生物学者、古生物学者、洞窟学者を魅了する。 洞窟の水没部突破。 洞窟の観察浮遊感。 洞窟性植物、洞窟性生物の探索、観察。 テクニカルダイビングの一環。 洞窟潜水は、最も危険なダイビングだという。 オーバーヘッド環境の潜水ダイバーは緊急時の緊急浮上できずに出口まで泳ぐと、浮上することができない。 出口ルート 出口までの経路は、十分な残圧量を必要とする。 出口までの道はディープダイビングのリスクや問題を抱えているのかもしれない。 拘束 狭洞部分があるかもしれない。 視界不良 常に光の届かない闇。極端な透明性が低下するかもしれない。 方向感覚の困惑 迷路状の洞窟迷いやすいである。 洞窟潜水は、最も危険なスポーツの1つとして認められる。命を失ったダイバーのほとんどは、専門トレーニングを受けることなく、不足している機器を使用している。多くのケイブダイバーは、"洞窟潜水は、多くの経験と訓練と多額の器材費で、安全なダイビングを得ている"とした。また、洞窟の崩壊事故は非常にまれなケースである。 安全対策多くのケイブダイバーは、安全な洞窟潜水をするために、6つの原則を確認している。 訓練トレーニングの範囲内でのダイビングは、安全な洞窟ダイビングに必要不可欠である。洞窟ダイビングに必要なスキルを細分化して実行される。部分ごとのトレーニングは、解放環境(海や湖など)で開かれた後、暗いところ、洞窟と徐々に難易度の高い環境で実行されている。各コースを身につけた後、複合的なトレーニングに移されて行く。最近の洞窟ダイビングの事故の分析は十分に解放の環境でトレーニングを提出しない場合に起こると証明されていますが、洞窟の環境でも問題解決の経験を必要とする。
[PR]